体操×呼吸法×ほぐし


りくとれのトレーニングは、

”体の中に眠っている使われていない部分を開発し、全身を効バランスよく使える体”にするためのトレーニングとなっています。

  • 体幹を動かす体操
  • 呼吸法を使ったストレッチ
  • リラックスさせるほぐし

を組み合わせ、行っていきます。

 


体幹を動かす体操


体幹を動かす体操は、

・骨盤から背骨を丸める伸ばす
肋骨骨盤引き離し
・骨盤から背骨をねじる

といった体幹の3つの動きをベースにして、様々な体勢で体操を行っていきます。

 

この体操をすることで、

・使われず固まった部分を動かすことで緩める
・体に効率の良い使い方を教え込む
・体に軸(芯)の感覚を作る

などの目的があります。

 


呼吸法を使ったストレッチ


呼吸法を使ったストレッチは、
様々な体勢で、横隔膜を使って呼吸を行う腹式呼吸を行っていきます。

前述の体操と組み合わて、呼吸による内臓の上下動を利用し、固まっている部分を開発していきます。

 

呼吸法を行う目的は、

・骨にこびりついている固まった筋肉を緩める
・体の緊張をとり、リラックスさせる
・体の中心を作る
・使われていない部分を見つけ出し、開発する。

などの目的があります。

 


リラックスさせるほぐし


りくとれでは、トレーニングを進めやすくする目的で、体の状態に合わせ筋肉をほぐす事も行っていきます。

トレーニング前、あまりにも疲労がたまり体が硬くなっていたり、体が変化してくる際に出る筋肉に張りがある場合に行います。

 

トレーニングによって体のバランスが変化する際は、体に好不調の波が頻繁におとずれ、かなりしんどい期間があります。

そのしんどい期間を乗り越えていくために、適宜ほぐしなどを交えながら、体を調整していきます。

 

ご新規様限定 おすすめコース

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

 

 

体がもの凄く硬い方は、コチラ

【動画販売】大好評の開脚トレーニングを動画で。

りくとれの開脚トレーニングが自宅で行える、全12章・3時間の動画販売中!!

 

 

特許取得のストレッチ道具

PAGE TOP