腕は挙がるけど、挙げると痛みが出る原因は、こんなところかもしれませんよ。

こんにちは、体が硬い人・パフォーマンスを上げたい人のためのカラダ覚醒トレーナー 斉藤広樹です。

 

少し前に、五十肩の原因は?という記事を書きましたが、今日は五十肩とまではいかない、バンザイなどはできる、腕は挙がるのだれど、挙げると肩に痛みが出るような方のお話です。

 

 

例えば、手を挙げても、こんな風には気持ちよく伸びれないぐらいの方です。

 

 

うちのお客様でも、最初は腕が挙がらなくても、トレーニングをしていくうちに挙がるようになってくる方は多いです。

 

 

その過程で、ある程度バンザイも出来るようになっても、挙げると痛みが残っている時期というのがあるんです。

 

 

実は、そういう場合は肩甲骨の内側や肩甲骨の下あたりに動いていない筋肉がかたまりになってあり、

それが肩甲骨の動きを邪魔しているため、肩の関節や腕に痛みが出てきてしまうという事が起こっています。

 

 

腕が挙がる時って、腕だけが上がっているのではなく、肩甲骨が回っていくことと、肩の関節が回っていくことが協力をしているので腕が挙がるので、

 

 

肩甲骨が回っていけないと、うまく腕が挙がってこないんですね。

 

 

そして、肩甲骨がうまく回っていくには、肩甲骨につながっている背中の筋肉がスムーズに動いていかなければなりません。

 

 

ですから、赤い丸の部分ですね。

 

その赤い丸当たりの部分の筋肉が固まっているのを改善できてくれば、少しづつ腕を上げた時の痛みも改善されてきますよ。

 

 

今日は、背中の硬さを取る対策も動画で解説しますね。

 

これらのトレーニングをご希望の方は、コチラから

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご新規様限定 おすすめコース

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

 

 

体がもの凄く硬い方は、コチラ

【動画販売】大好評の開脚トレーニングを動画で。

りくとれの開脚トレーニングが自宅で行える、全12章・3時間の動画販売中!!

 

 

特許取得のストレッチ道具

PAGE TOP