固まって動かない骨盤~使えてない内転筋を開発するトレーニング【動画エクササイズあり】

こんにちは、体が硬い人・パフォーマンスを上げたい人のためのカラダ覚醒トレーナー斉藤広樹です。
今日は、固まって動かない腰や骨盤の辺りから、それに伴い使えてない内転筋辺りまでを、きちんと使えるようにしていくためのトレーニングをご紹介していきたいと思います。


内転筋が使えてないから鍛えるでは、安易ではないですか?



まずよく聞くこととして、『内転筋が使えてないから鍛えましょう!』という言葉をよく聞きませんか?
でもそれってちょっとおかしくないですか?

鍛える前に『なんで内転筋が使えてないのか?どうしたら使えるようになるのか?』を考えていく必要があると思うんですよね。そうしないと体の動きと関係なく内転筋だけ鍛えても、内転筋を鍛えるトレーニングをやめてしまうとまた筋力は衰えます。

今まで何十年生きてきて、内転筋が使えてないということは、あなたが体を動かすシステムの中に内転筋が入っていないということです。

ですので、そういう内転筋が使えてないから鍛えるという考え方ではなく、なぜ内転筋が使えてないのか?どうしたら使えるようになるのかをきちんと考えてトレーニングなり、エクササイズなりをしていく必要があると思います。


内転筋が使えていないのは、腰から骨盤が固まって動かず歪んでいるせい


上手く内転筋が使えてない人は、腰から骨盤辺りが固まって動いておらず、しかも前や後ろに傾いていたり、歪みがあるせいで、自分の動きのシステムに内転筋を使わないシステムになってしまっていることが多いです。

これを改善して使われていない内転筋を使えるようにするには、その固まって動かない腰から骨盤周りの硬さを緩めていき、歪みを改善していかなければいけないのです。


赤まるで囲っているあたりの骨盤周辺が固まって動かず歪みがあると、緑のラインあたりの内転筋が使わないで動くシステムになっています。

そこから少しづつ骨盤や腰辺りの歪みを解消するためのトレーニングやエクササイズを行っていくと、今まで使えていなかった内転筋を使うシステムになっていきます。

実は、内転筋をきちんと使うシステムになっていくと、わざわざ『内転筋を鍛えよう!』なんてトレーニングをしなくても、自分の自重や日常の動きの中でどんどん必要な筋力は鍛えられていきます。

今まで使えていなかった筋肉が使えるようになってくることって、かなりしんどいですよ!
なんせ今まで使ってなかった部分に、いきなり自分の重さや動きが入ってくることになるので、それだけでも物凄いトレーニングになります。

一日普通に生活しているだけで、かなり夕方辺りは筋肉が張ってる事も多いと思います。


動いていない骨盤~使えていない内転筋を開発するエクササイズ



では、実際に行っていくエクササイズをご紹介します。
今回ご紹介するのは、固まってる骨盤~使えていない内転筋を開発していくエクササイズなのですが、
固まっている骨盤を緩めるには、さらに背中や脇をを柔らかくしないと・・・・などと、

実は、まだまだ色々なつながりを解消していかなければならないので、かなり背中や脇の伸びも出てくるようなトレーニングになっています。

エクササイズとしては、かなりメジャーなものですが、今日ご紹介する意識で行うと、効く場所や感じが、いつもとは違うものに変わってくると思います


ちょっと動画の中で言い忘れましたが、今日の体操は、曲げてる脚で膝を軽く踏む感じでやるとやりやすいと思います。それを踏まえて見てください。硬くて動かない骨盤と使えていない内転筋を開発するトレーニングです。

りくとれコンディショニングスタジオでは、
体が硬い人や、パフォーマンスを上げたい人のために、様々なプログラムや無料のメール講座もご用意しています。

宜しければ、下のバナーをタッチして、色々とご参照いただけますと幸いです。

【無料メール講座】

【レッスンプログラム】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ご新規様限定 おすすめコース】

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

 

 

体がもの凄く硬い方は、コチラ

【動画販売】開脚トレーニングを動画で。

りくとれの開脚トレーニングが自宅で行える、全12章・3時間の動画販売中!!

 

 

開脚トレーニングダイジェスト

【無料検定】

ストレッチをやってても、なかなか柔らかくなれない方の原因と改善策をお伝えします。

 

 

【特許取得のストレッチ道具】

【オンラインレッスン】

オンライン パーソナル レッスン

 

PAGE TOP