体が固いのは、筋肉が縮こまり骨にへばり付いているからです。

こんにちは、

体が固い人
パフォーマンスを上げたい人のための
カラダ覚醒トレーナー 斉藤広樹です。

 

今日は、
体が固い人の原因について
お話ししようと思います。

 

体が固いなぁ~と思う人は、
何で硬いんだろう?
と思いますよね。

 

それは、本来伸びるべき筋肉が
縮こまっていて

骨盤や腰などの骨に
へばりつてしまっているので、

その内側にある骨が
自由に動けなくなってしまっているので
体が固いのです。

 

???

 

と言われても
分からないと思うので、

 

少し詳しく
前屈を例に説明していきますね。

 

 

床で脚を伸ばして
前屈をする時の骨の動きは
下の写真のような動き方になります。

ここには
筋肉がついていないので
股関節の部分だけが
動いているように見えてしまいます。

 

しかし、
実際の人間の場合は、
ここに筋肉がついていて、


筋肉が骨を動かして前屈ができる
という仕組みになるので、

 

筋肉がきちんとした動きをしてくれないと
前屈はできないのです。

 

ちなみに
前屈をする時の
筋肉の動き方のイメージは、
こんな感じです。

実際に
前屈が簡単にできる人の場合は、

 

良く皆さんが思っているような
モモの裏側の筋肉だけに
ピーンとテンションがかかるようなことは無く、

 

上体の筋肉が頭や手の先に向かって
伸びているような動きになっています。

(この模型は、手はありませんが・・)

 

 

ですので、
前屈をスムーズに行っていくには
写真のような方向に
筋肉が伸びていく必要があるのです。

 

 

しかし、
体が固い方の場合には、

上の写真のような筋肉の伸びが無く、

 

骨盤や腰のあたりの筋肉は
グジュグジュと縮こまり、

こんな感じに
骨にへばり付いて塊になってしまって
いるので

おしりからモモにかけてが
ピーンと張って
痛みを感じてしまうのです。

 

 

これは
骨盤の中や
骨盤の周り
さらには上体の筋肉が
伸びていなかったから起こる事なんです。

 

 

ですから、

このピーンとモモが張ってしまっている
痛みを改善するには、

きちんと筋肉の流れを知り、


骨盤の中や
骨盤の周り
さらには上体の筋肉を
きちんとした方向に伸ばしていければ、


スムーズに前屈はできるようになるのです。

 

 

 

今まであなたは、

モモ裏がピーンと張っていたいのに
無理やり続けて行けば伸びるかも?

なんて考えて
一生懸命続けていませんでしたか?

 

 

それは残念ながら、

痛いだけで
全然伸びてきませんし、

 

無理に続けると
ケガにつながります。

 

じゃあどうすればいいのか?というと

 

さっき見て頂いた
この写真の伸び方を

もっと楽な姿勢に変えて
トレーニングしていけばいいんです!

 

 

実はこの上の写真を
簡単にすると
こんな感じの筋肉の流れになります。

なんか上下に伸びている図に
なりましたよね!

 

そうなんです!

実は、
体が固い人が
柔らかくなるには、

もっと
楽な姿勢に変えて
へばりついていた筋肉を
上下に体を伸ばしていけばいいんですね。

 

 

アッそうそう!

りくとれコンディショニングスタジオでは、
体が固い人向けに

へばり付いた筋肉を上下に伸ばしていく
トレーニングを行っています。

 

もしご興味があれば
こちらをのぞいてみて下さい。

 

バナーをクリックです。

 

あと、
柔らかくなるために
知らなきゃいけないポイントを書いている
無料のメール講座もあります。

 

良かったら読んでみて下さい。

バナーをクリックです。

開脚を目指している方は、
こちらもどうぞ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ご新規様限定 おすすめコース】

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

 

 

体がもの凄く硬い方は、コチラ

【動画販売】開脚トレーニングを動画で。

りくとれの開脚トレーニングが自宅で行える、全12章・3時間の動画販売中!!

 

 

【無料検定】

ストレッチをやってても、なかなか柔らかくなれない方の原因と改善策をお伝えします。

 

 

【特許取得のストレッチ道具】

【オンラインレッスン】

開脚を目指す!オンライン グループレッスン

 

 

 

オンライン パーソナル レッスン

 

PAGE TOP