道具を使ったトレーニングで、表から見えない動きを見る。

今日は

『表から見えない動きを見る。』

なんて題ですが、

 

チョット

かっこよくないですか?

 

 

 

まあそんな事は

どうでもいいんですけど

 

 

 

今日言いたいことの結論は、

 

見えていないところを見る努力をしていかないと

体は変わらないよ。

だから

見えない部分を見る努力しましょうね♪

 

ということです。

 

 

良くトレーニングで

タオル持ってトレーニングしたり、

ボールを使って

トレーニングしたりなんてありますよね

 

これらは

実は道具を使うことで

表からは見えない別の流れを

体の中に作ろうという意図があります。

 

 

 

その見えない流れとは

こんな感じの流れです。

今日は

これについては詳しく話しませんが、

 

 

 

こういう道具を使ったトレーニングを

行うと

 

 

 

何も使わないのと比べて

比較的簡単に

この見えない動きの流れを

体の中に作ることができます。

 

 

 

 

だから上の写真なども

 

タオルをピンと張りながら動く

ボールを壁に押しながら動く

 

という動きなのですが、

 

 

 

大事なのは

 

『タオルをピンと張りながら』

『ボールを壁に押しながら』

の部分がものすごく大事です。

 

 

 

だから

横すごい伸びてます!!とか

 

太ももしんどいです!!とか

そこに焦点を当てて

終わってしまうと

あまり役に立たない効果しか

手に入りません。

 

 

 

 

こういう

道具を使って行うトレーニングは、

 

さっきも言ったように

見えない動きの流れを

知らないうちに作るのが目的なのですが、

 

 

 

 

最終的には

道具を使わない状態でも

 

体の中に

その見えない流れが機能していないと

意味がありません。

 

 

 

いわゆる

日常生活においての

普通の動きの中でも

 

見えない流れが体の中にある状態にしないと

せっかくやったトレーニングも

意味がなくなってしまいます。

 

 

 

とはいえ

 

これ結構大変なんです。

 

 

道具がない状態で

見えない流れが

自然にできてる状態にするって。

 

 

 

 

結局のところ、

 

道具が無くても

体の中に見えない流れがある

状態にまでもっていくには

 

 

 

繰り返し繰り返し

道具を使って

体にその流れを教え込んでいく事を

続けていかないと

身につかないんです。

 

 

 

それを繰り返していく事で

道具がない状態でも

やっと機能してくれるようになるので、

 

 

やっぱり

ここでも

繰り返しが大事って事です。

 

 

 

地道に努力しかないっすねぇ~

やっぱり。

 

 

 

 

 

ちなみに

5月26日から募集開始の

5周年記念キャンペーンで

ご提供する

『背中棒』も

 

 

体の中に

見えない流れを作るための

道具です。

 

 

 

 

繰り返し繰り返し

体に教え込むには

 

もってこいの道具なんで

良かったらご検討ください。

 

 

 

 

今日は

表からは見えない動きを見る

という題名でしたが

 

 

見えない動きを見るだけでなく、

定着させられると

 

なお良いかなぁと思いますよ♪

 

 

 

 

まあ

のんびり

頑張りましょう!

 

 

 

 

【5周年記念キャンペーン】

詳細はコチラ

https://resast.jp/events/442033

 

 

受付開始は、

5月26日(火)21時からです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【ご新規様限定 おすすめコース】

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

 

 

体がもの凄く硬い方は、コチラ

【動画販売】開脚トレーニングを動画で。

りくとれの開脚トレーニングが自宅で行える、全12章・3時間の動画販売中!!

 

 

【無料検定】

ストレッチをやってても、なかなか柔らかくなれない方の原因と改善策をお伝えします。

 

 

【特許取得のストレッチ道具】

【オンラインレッスン】

開脚を目指す!オンライン グループレッスン

 

 

 

オンライン パーソナル レッスン

 

PAGE TOP