フラダンスのバックベンドに必要な体の流れ

今日は

フラダンスのお話をしてみます。

 

 

 

うちのスタジオは

色々な方がいらっしゃるので

 

 

 

フラダンスの

バックベンドからのロール!

みたいな技をできるようになりたい!

 

 

 

という方もいらしてくれてます。

 

 

 

なにげに

私がアップしたyoutubeのなかで

一番見られてるのが、

『バックベンドのコツ』というものなんですよね。

 

 

 

もうすぐ1万アクセスぐらいなんです。

 

 

 

ちなみにこんな感じ後ろに倒れていくやつなんですけど、

45分のレッスンで

結構変わったんですよね。

 

 

これも

結局は矢印人間君の流れを

体に作っていくとできるようになります。

 

 

特に骨盤の中の動きが大事で

それを足と背骨につなげて行ければいいんです。

 

 

 

まずは

上の写真みたいに

上下に伸びて行く感覚を作って

 

 

 

それが膝を曲げても

維持できれば出来てしまいます。

 

 

 

結局

外からは体の中身の動きは見えませんが

 

 

 

上の写真のように

膝を曲げても

体の中に矢印人間の体の流れができていれば

後ろに倒れたりもどんどん深くできるようになります。

 

 

 

 

これは

どんなスポーツでも

どんな日常の動きでも同じで、

 

 

 

 

何か不具合が生じている場合は

この矢印人間の流れが無くなっている部分があるので、

 

 

 

その流れをきちんと作っていくトレーニングをできれば

たとえ不具合があっても

どんどん解消してきますよ。

 

 

 

 

この矢印人間の流れは、

本当に大事ですからね。

 

 

 

そのためには

りくとれの諸々なトレーニングが必要なので、

地道にりくとれの体操は

続けてくださいね!

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご新規様限定 おすすめコース

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

特許取得のストレッチ道具

PAGE TOP