上体が緩まないと骨盤周りは柔らかくできない。

 

上体が緩まないと骨盤周りは柔らかくできない。

 

前回、『体が使えるようになる順番』という記事を書きました。

 

バックナンバーは、コチラ

 

 

あの記事読んで

だから何だよ!?

って思った方もいると思うので、

 

 

 

今日は説明しとこうと思います。

 

 

 

こないだは

こんな写真も載せました。

 

この図は、

体が使えるようになる順番

 

という事でした。

 

 

 

つまりそれは

=柔らかくなる順番

 

 

そしてそして

=ストレッチや体操を効かせれれる順番

 

 

という事になります。

 

 

 

 

だから

⑩の骨盤の後ろ側が硬くて

 

 

そこに

ストレッチや体操を効かせたいと思った場合

 

 

 

前段階で

①~⑨までをある程度

柔らかくしていかないと

なかなか⑩には効いてこないですよ!

 

という事です。

 

 

 

これが題名になっていた

 

上体が緩まないと

骨盤周りは柔らかくならない

 

という事です。

 

 

 

 

 

私がたまにレッスンでしゃべりますが、

 

 

人間の体は

お城に似ているなぁと思っていて

 

 

 

本丸にお殿様がいるから

そこに攻め込みたいんだけれど

 

 

外堀や内堀、石垣やその他もろもろを

排除しないと

なかなか本丸に攻め込めないんです。

 

 

 

外堀の外から

矢を放っても

本丸には届かないんです。

 

 

 

 

人間の体も

本当にそんな感じで、

 

 

ここにラスボスがいそうなんだけど、

なかなか攻め入れない(効かせられない)

という事が多いんですね。

 

 

 

 

でも

最初から

⑩の腰周りに体操が効いてきますという人も

いると思います。

 

 

 

それは人それぞれ体が違うからです。

 

 

 

とはいえ

体というのは全身が

協力して動くようにできているので、

 

 

 

結局

骨盤のところだけが動くようになっても

全身のバランスが悪いと

何らかの弊害は出るので、

 

 

 

最初に⑩が攻略できた場合も

その他の①~⑨をつぶしていかないと

健康で

いつまでも活き活きした体には

なっていけないので、

 

 

その他の部分も

開発していかないといけないと思います。

 

 

 

 

良く皆さんにやってもらう体操で

『カベ押し』の体操があります。

 

 

 

これも

最初は、脇の下あたりが伸びてくる

そのうち肋骨周りが伸びてくる

そのうち骨盤周りに効かせられるようになる。

 

 

なんて順番に変わってきたりします。

 

 

 

 

体って

きちんとした取り組みを

コツコツ続けていくと

必ず変化してきてくれるので

 

 

 

そんな変化を楽しみつつ

トレーニングしてもらえたらなぁと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご新規様限定 おすすめコース

誰もが秘かにやってみたい開脚・又割りを目指すコースです。

特許取得のストレッチ道具

PAGE TOP